今日のニュースで文科省が、2020年度から現在の「センター試験」に代えて、「大学入試共通テスト」を実施する案を公表したことを報じていました。
それによると国語や数学は、思考力の評価を問うため記述式の問題を追加し、国語の問題は文学作品ばかりでなく、日常使っている契約書からも問題を出題するとのことです。

また英語の試験は行わず民間の団体が行っている認定試験を活用するとのことです。
この改革案で、問題になっているのは記述式の問題を短期間にしかも大量に採点できるかということです。

今までの入試の英語だと話す能力は問われていないため、日本人はあまり英語が喋られないとのことで、話す力を計る民間のものを用いるとのことです。
ただ英語は民間団体の認定試験だと開きがあり公平が保たれるのかとの心配が出ています。
大学入試の改革は知識の量を問う記憶力による試験でもあり、英語が喋れないとのこともあっての改革なのでしょうが、記憶力によらない論述式の問題や英語を話せる能力を計るのは手間や時間がかかります。
短期にしかも大量となると難しくなります。そのためこの改革案がうまくゆくのかという心配があります。
入試なり人を選別するものは一長一短がありますが、短期間で大量選択するよりは長時間かけて選別する方が、合っている人が選べるのではないかと思います。